無職でも即日融資の利用はできる?

即日融資を行っているのは主に消費者金融などの貸金業者と銀行です。消費者金融は一昔前まではサラ金と言われていたものですが、貸金業法によって貸し付けや取り立て方法が法律によって制限されています。そういった法律の中に総量規制というものがあります。年収の3分の1を超える貸し付けを行ってはならないと定めているものですが、この法律に反した場合には貸し付けを受けたものが罰せられるのではなく、貸付を行った貸金業者が行政処分や刑事罰を科せられることとなります。「無職でも即日融資が出来るのか」には、この総量規制が大きく関わってきます。


<無職では即日融資は利用できない?>

無職は収入がゼロの状態ですから、収入の3分の1が総量規制で貸し付け可能な金額といってもその3分の1が存在しないことになります。そのため貸金業者が無職の人に貸付を行ってしまうと、それだけで法律に反していることになるのです。その危険を犯してまで貸付を行う貸金業者は、正規のものではないでしょう。しかし銀行は貸金業者ではなく、総量規制の対象外となります。法律的には「無職の人に貸付を行っても大丈夫」な立場にあるわけですが、回収できなければ貸し付けません。無担保保証人不要の即日融資を無職の人に対して行う銀行は皆無と考えてよいでしょう。ただし専業主婦の場合には、自分自身の収入がないと言っても審査に通る可能性はあります。